男性型脱毛症、AGAは治療で治せる可能性が大

AGAの原因はDHT

男性型脱毛症、AGAの原因はDHTであることがわかっています。これが増えすぎることでヘアサイクルを乱して抜け毛や薄毛を進行させるというのです。そこでこのそもそもの原因のDHTを抑制することで、抜け毛や薄毛を抑えられることがわかっています。これは皮膚科やAGA専門院などを受診して必要であればそういった種類の薬を処方してもらえます。ただ、健康保険が使えないため、薬代だけでも1ヶ月8千円ほどにはなることは知っておきましょう。

発毛効果のある薬も併用

抜け毛を抑えても発毛するわけではありません。そこでAGAの場合は抜け毛を抑える薬と発毛の薬を併用することになります。これによって以前のようなふさふさの髪を取り戻せる可能性が高まるのですが、ただこの効果を持続するには飲み続けないといけないといった問題点があります。健康保険が使えないので1ヶ月1万円ほどはかかります。これを一生続けないといけないのですから、経済的にゆとりがないとAGA治療の継続は難しいのです。

日常生活の見直しも必須

AGAは投薬治療である程度改善することはわかっています。ただ、髪も体の一部ですから、細胞分裂が正常に行われる体作りは必須です。そのための基本が規則正しい生活習慣です。栄養バランスのとれた食事、適度な運動、良質な睡眠、ストレスの発散は基本です。また、正しいヘアケアも重要です。シャンプーでは髪というよりも頭皮を洗うことに専念、洗い方もガリガリではなく指の腹でマッサージするように優しく洗うことです。こういった生活習慣があって、AGA治療も功を奏するのです。

医療脱毛を千葉で探しているなら、数多くのサロンが存在していますから、希望の価格で受けることができます。